ここではバイクの保険のことについてご説明します。バイクには大きく分けると自賠責と任意の二つの保険があります。

万一の事故に備えて加入しよう!

オフロードバイク 自賠責保険とは正式名称を自動車損害賠償責任保険といい、バイクに乗るからには必ず加入しなくてはならない保険です。

バイクに乗らずに購入するだけでしたら必要ありませんが、公道を走る場合には必須です。 一方、任意保険とはその名の通り任意の保険で、加入を義務づけられてはいません。

じゃあ自賠責保険の方だけ入っていればいいじゃない…と思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもないのです。 任意保険のバイクの加入率は約30パーセントと、とても低いことが知られています。一方自動車の保険の加入率はというと約70パーセントなので、バイクの加入率の低さがはっきりわかると思います。

ではなぜこんなにもバイクの任意保険の加入率が低いのかというと、任意であるという自由度に加えて、バイクに乗る人の年齢層が大きく関係してきます。バイクには維持費もかかり、所有しているだけでお金がかかります。学生や若者のライダーにとっては、その上保険料も支払わなくてはならない…というのはハードルが高いのかもしれません。

自賠責保険には限度額がある!

最近のバイクは性能も良く、ヘルメットやグローブなどのバイク関連のグッズも安全性が高くなってきてはいますが、やはり事故はつきものですし、怪我をすることもあります。 その際の修理や怪我の治療にはお金が当然かかります。

自分だけの事故ならまだそれだけで済みますが、相手もいるような事故の場合はどうでしょう。自賠責保険に入っているから大丈夫!…と安心してはいけません。実は自賠責保険には限度額があります。自賠責保険の限度額を超えてしまった分については、当然自分で支払わなくてはならないということになります。

万が一事故を起こしてしまい、死亡事故になってしまったとしたら…その賠償金は数千万円以上になることでしょう。個人で払いきれる金額ではないことがわかります。 任意保険に入っていない場合には、高額な修理費や賠償金を支払う可能性があるということを知っておいて欲しいと思います。

自動車の場合の任意保険加入率は約70%です。それと比較するとバイクの場合は約30%なのでとても加入率が低いという現実があります。 バイクと自動車を比較した場合、どちらの方が事故に遭い易いかは4輪構造のクルマと2輪構造のバイクを比較すれば簡単にわかることです。

静止状態では安定していないバイクの方が事故率が高いです。 そう言った事も踏まえてバイクの場合もクルマ同様に任意保険に加入することをお勧めします。 もしたまにしか乗らないので任意保険に加入しないのなら、バイクは売って処分してしまった方が良いかもしれません。 何かあってから後悔をしても遅いですからね。

バイク売却の買い取り価格を調べて値段が下がらないうちに乗らないバイクなら売ってしまいましょう。 バイクを売却するなら下記のインターネットを使った買取サービスを利用すると便利です。

バイク売却【買取相場】

二輪のバイクを売る

4月頃は、入学や転勤などがあり、オートバイの利用者が増えてきます。 だから、この頃に、車庫でホコリを被っていて使っていないバイクがあるのなら、他の時期より高値でバイクを売却することができます。

春の様な需要が高い時期は、中古バイク販売は在庫が少なくなってくるので、バイクを売ってもらうためにお得な買い取りキャンペーンを行っていることが多いです。 ですので、そういった買取会社を見つけて、そこで売るのが賢い売却方法です。

自分も学生自分はバイクでよくツーリングをしました。 バイクの旅は、お金を掛けないで行く事ができるので、気軽に出かける事ができるのがメリットです。

オートバイだとリッター30kmとかは普通ですからね。 とても経済的です。

そんなオートバイだけど、社会人になってクルマに乗る様になると、オートバイには乗らなくなってしまいました。 自分が学生の頃は、全国展開しているバイク買取専門店というのが無かったので、自分はバイクを買った店に売りました。

当然のことながら、ほとんどタダ同然で売った様な記憶があります。 今、バイクを売るならやっぱりオートバイの買取専門店に売るのがいいと思います。 [追記]

大型バイク

大型バイクってカッコいいけどとっても重たそうです。 自動二輪車の知識がない女の私としては、どうしてあんな大きいバイクにまたがれるのか不思議です。 バイクに乗るより乗られそうなところが恐いです。

でもカッコよく乗りこなしてる人をみると、男でも女でもすごい~と思っちゃいます。 とくに細い女の人が乗ってるのを見たときは感動しちゃいます。

でもツーリングとかより街中を走る方が多かったら渋滞とかにぶつかりやすいから小型の方がいいんでしょうね。 私はもっぱら自転車で近所を駆け回ってますけど、たまに遠くに行きたいときバイクが欲しくなります。 友達がバイクを売却したいと言っていたので、譲ってくれないかなぁと思っています。

友達が売りたいバイクを譲ってもらえたらと思ったけど、やっぱりダメなことに気がついちゃいました。 車を運転できる友達は他にもいるけど、バイクを普段の足にして乗っている友達は彼女だけなんです。 彼女はバイクを売って今度は軽自動車にしようと考えてるって言ってました。 たから、バイクを手に入れて彼女と一緒にツーリングに行けたらいいなと思っていたけど、彼女がバイクを手放しちゃったら一緒にツーリングにはいけないですよね。

彼女はバイクを大事に乗っていたのを知っているから譲ってもらうのも安心と思ったけど、周りにバイク乗りがいなくなっちゃうのは考えものです。 [追記]

(経済関連ニュース)
・ 熱海で火災6人けが 6歳児不明
・ Zeebraラップ授業 歓声に感慨
・ 侍J26人固まる G小林誠ら有力
・ 錦織 全豪は王者マレーの山
・ 山口もえ イベントでノロケ
・ 男児がゴールの下敷き 死亡
・ 高橋真梨子側 法的措置はせず
・ 市原悦子が休養 5月復帰目標